WINDOWSでの作業を自動化

あらゆる企業や会社にて導入が行われるようになったRPAですが、一般的に広く普及していて知られているものだけではなく、ある種類のシステムに特化したものもあるようです。

例えば、Windowsに特化したものを見てみましょう。このRPAの働きとしては、その個別のパソコンで行われるデータ入力などの作業を自動化してくれるというものでしょう。

このRPAは「WinActor」と呼ばれており、単純なデータ入力などを自動化することにより、人的ミスを防ぐことが出来るほか、処理の速度も上がり、効率良く作業が進められることが期待されているようです。

これは、自社システムはもちろん、Windows上で操作が可能とされる様々なアプリケーションと連携することが出来ると言われています。