発注側で作るガイドラインの意義

Web制作プロジェクトで依頼する立場となる発注者側でも、概要(例えばガイドラインのようなレベル)を把握しておくのは意義があると言われています。期待するものを手に入れるためには必要なんかもしれません。最終成果物評価のためばかりか、依頼後おこるトラブルの報告でもある程度内容がわかっていれば対応の是非判断にも手助けとなるでしょう。そのためにも提案書レビューだけで以降ほとんど行き来がない、というのではなく機会ある毎に説明を求めたりすることで制作者側のモチベーションにも影響してくるかもしれません。世の中専門性が深くなるとともに分業化が進んでしまいましたが、だからこそトータル的に見れるところが逆に必要になるのではないでしょうか。発注者側でも依頼に必要なノウハウを蓄えていくことで、成果物の完成度も上がってくるといえるのではないでしょうか。