「ヘッダー」の存在感

ホームページを制作する上でサイト上の「顔」などとも呼ばれるヘッダーは、皆さんが各WEBサイトを訪れた際に、一番最初に表示されるトップページの中でも特に目が行くエリアであります。

ヘッダーには、お店の名前やヘッダー画像と呼ばれるお店のイメージを伝える画像や動画が貼り付けられていることがほとんどです。ヘッダーのイメージによって、サイトを訪れた多くの皆さんは、そのお店のブランドイメージなどを識別していると考えられているようです。

このようにヘッダーに表示されるデザインのイメージが、サイトを利用するユーザーたちに、ネガティブに認識されてしまうとせっかくサイトを訪れてくださったお客様が、サイトのトップページでそのまま離脱してしまう可能性がありますので、ヘッダーは、サイト上のお店の「顔」であるといった認識を保ちながら慎重にお店のイメージづくりを考えていきましょう。ヘッダーは、お客様が皆さんのサイトを訪れた際に、真っ先に目の行く場所でもありますので、ただ単にイメージ画像を貼ることも良いですが、店舗で行われているキャンペーンやイベントの告知などに利用することも有効であると考えられております。

さらにはキャッチコピーなどをうまく使うことによって、初めてサイトを訪れるお客様に、皆様のお店がご提供する商品やサービスなどについて、端的にお伝えすることもできるのではないでしょうか。

 

【Nanoプレゼンツ】アクセス解析とSEO対策のレシピのトップへ